清浄歓喜団

SEIJOKANKIDAN

清浄歓喜団 こんなかたいのおくちに入るかな…

・名前、形、味。すべてが異彩を放つこちらのお菓子は千年以上も昔に仏教とともに唐から伝わった密教のお供え物で、清めの意味を持つ七種の香を「こしあんコロー」に混ぜて米粉と小麦粉の皮で包んだものを、油で揚げて作られます。

 

・たぎった胡麻油で二十分ほど揚げてあるため、やわらかそうな金袋の形をしているのに表面は歯が欠けるのではないかと思うくらい硬く、お寺のような独特の香りも強烈です。また、近年では大河ドラマに度々登場する芸達者でもあります。 

 

*『清浄歓喜団』は亀屋清永様の商品です。 


参考(外部リンク)